クーリングオフ〜Cooling-off〜

司法書士口述試験

司法書士試験は7月に筆記試験が行われ、10月に合格発表が行われます。

そして、合格者に対しては、約2週間後に口述試験が行われ、それから約1ヵ月後に最終合格者が発表されます。ところで、この口述試験というのは筆記試験とは違い、過去問というものがなく、試験対策が行いにくいものです。

試験管の質問に答えるので、どういった内容を聞かれるかは受験者によって微妙に異なります。概ねですが、不動産登記法、商業登記法、司法書士法が問われます。

ただし、この口述試験は、人となり、そして基礎的な知識を問うものですから、筆記試験に合格しているような人であれば問題ありませし、不合格になる人はほぼいません。